FC2ブログ
のんびりといえば聞こえはいいが単にぐうたら、なのです
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 麦踏の話
2006年01月15日 (日) | 編集 |
長男(ふう)が、3学期明けに学校から持って帰ってきた「学校だより」に校長先生のお話が載っていました。(ちなみにこの校長先生、まだ50代前半でしょうか?お話がお上手で見た目もすっきり!結構ファンになりました。

さて、それは 「たくましく大地に根を張れ」と題した 麦踏 のお話。

小学校の敷地内に麦が芽をだしているんだそうです。
校長先生はいつもこのころになると子供の頃されていた麦踏を思い出されるとか、、。
(農家のご出身なのですね、きっと。)

その麦から連想された麦踏のお話が母親にとって、とっても、そのとおりだなぁ、、、と胸中深く打つものがあったので引用させていただきたいと思います。(これって、著作権法に問題あるのでしょうか?大丈夫かな?ちょっと どきどき しながら。。。)

以下---校長先生のお話---- 

『麦踏とは麦の伸びすぎを押さえ、根ハリをよくするため、早春に麦の芽を足で踏むことをいいます。
祖母が、「わら草履で踏め」とよく言っていました。わら草履だと麦をあまりいためないからだそうです。

麦踏は子育てのあり方を指摘しているようにおもえます。
伸びすぎては困るところは叱って押さえ、伸ばしたいところは褒めて、そこに意識が向くようにしむけるのです。
わら草履で踏むことは、子供を叱るとき子ども自身を傷つけない配慮があることと同じです。踏まれた麦の方が、結果的にはしっかりと大地に根を張り、大きく育って立派な実をつけます。

学校の子供もしっかりと大地に根をはりたくましく立派に育って欲しいと願っています。』

これは、学校だけでなく、まずは家庭での子供とのかかわり方を教えていただいているのだと思いました。子供を叱るのは、ほめることより難しいけど、必要なことですね。まずは、丈夫で暖かい、わら草履を母が作って持てる様になりたいものです。

母の後ろで、ゲームに熱中している長男の姿をみると、ついつい、ため息が、、、、はぁぁぁ、、、、。
追記:

ちなみに、私は 麦踏 と言う言葉を聞くと、
が、やわらかい毛布の上なんかに乗ると、のどをごろごろ鳴らしながら前足を踏み踏みする様子を思い浮かべます。

昔、実家では猫を結構一杯飼っていて
私はあの 猫の麦踏 光景を見るのが大好きでした♪。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。