のんびりといえば聞こえはいいが単にぐうたら、なのです
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 運動会!
2008年09月27日 (土) | 編集 |
今日はアニの運動会!

リレーでは一番目の走者で応援団もするんだってo(^-^)o

そんなアニですが、
昨日体操服見付からなくて涙目(;_;)。。。

多分学校だろうけど
本人記憶がないらしぃ(-o-;)

「学校になかったら、どうしよ~(T_T)」

そもそも新学期から、一度も持ち帰らず、
洗濯もしてないからドロドロの筈……(-.-;)。

母的にはあってもなくても
恥ずかしそう……f^_^;

さて、その運動会がおわれば、
夜に旦那の実家に帰省。
で明日は法事。
実家のではなく
親戚のお寺さんの何か大々的なやつだから
大変そう……(-.-;)。

まぁ、まずは4人ぶんのお弁当づくりね!

いそがし~~~(@_@;)
スポンサーサイト

 すごすぎっ!
2008年09月23日 (火) | 編集 |
「お母さん、おやつっ!おやつちょうだいよ!!」

オトトの叫び声に振り返ると、やつはすでに腰を手に当て牛乳コップを高々と?
飲み干してさらにおやつを要求。何杯目だ?すまいる7号

アニはあさっぱらから、ケーブルTVのレンタルで落とした
ガンダム鑑賞。ガンダム


そんなまったりした祝日のお昼前ですが。

先日、マイミクさんから教えてもらって
近所のペットショップがリニューアルしてからすごくなった!というので、
メダカの水草を買いがてら、行ってみたところ、、、、、。


ここがほんとに「すごかった」1階には、ネコちゃんやワンちゃんが。
こちらは普通のペットショップ風景なんだけど、
2階に上がると、いろーんな種類のインコからうさぎから、
各国産爬虫類から、でかい亀がのしのし歩いているスペースの
上部では、フクロウが熟睡していたり。

とりわけ、すごかったのが、お魚スペース。

熱帯魚に淡水魚にメダカに金魚にグッピーに、
古代魚に、、、、、。


古代魚、、、。


さすがにシーラカンスはいなかったけれども。

でも、そんなののちっこい版の名前も知らないようなのが一杯。

「あーーーー、これ○○○○や。これでっかくなるやつなーーー。えぇ
「あ、こっちには、△△△△!!びっくり
「あ、☆☆☆☆も!!!絵文字名を入力してください


若干1名、おおはしゃぎの方、jumee☆yippee3L
それは我が家の大黒柱たる、ダンナさん。。。



魚好きは知ってたけど。
アロワナ飼いたいとかも、言ってたことあるけど、、、、


なんでそこまで詳しいねん!!


もー、そこのペットショップで、今まで潜んでいた
「古代魚へのあこがれ」が、爆発しちゃったらしい。。。


帰ってから、毎日、寝ても覚めてもってくらい
「古代魚」フィーバー。

「冬のボーナスで90cmの水槽とヒーターを買う!!宣言をし
(ほんとは180cmが欲しいらしいけどムリ!なので)
、そのために大がかりな模様替えが必要だと、家具の配置を
日々妄想驀進中。。。。


ネットで古代魚って検索すると
この古代魚マニアな方の hp がヒットするんだけど、

古代魚FUN

毎日、この人の飼育日記を読みこんで、熱はうなぎ上りにあがるばかり。

今日は午前中出かけたんだけど、
午後には帰ってくるので、私にも、

「飼育日記を1から読んでおくように!」

と厳命?をかけて行かれました。




ちょっとのぞいてみましたが、、、

日記、あまりにもすごすぎて、完読無理。。。ご~ん

古代魚かわいいっちゃかわいいけど、

こんなに一杯いらんし。泣


ごめん、メダカで勘弁してください。

 我が家の牛乳魔人
2008年09月20日 (土) | 編集 |

我が家の牛乳魔人牛乳


それはオトト こと 次男「さつ」


彼はとにかく、牛乳が好きハート


朝起きたら牛乳 (これは普通か。)
のどが渇いたら牛乳。
お腹が減ったら牛乳。
ご飯と一緒に牛乳。 (!)
お風呂上りに牛乳。
寝る前に牛乳。
夜中にも牛乳。

一日何度も牛乳、牛乳、牛乳ーーーーーーー牛乳


そんな訳で、我が家ではできるだけ、牛乳は2本買い
となっております。

ほんとはもっと買いたいんだけどね。
冷蔵庫のスペースの都合上ね。ハハ苦笑い

2本でも、2日とは持たないんだけどね。


牛乳といっても、低脂肪乳。

でないと、どんだけ~な脂肪分摂取になっちゃうもんね。
ただでさえ、ぷにゅぷにゅなのに、ねぇ。。。sn


昼間、リビングで背中を丸めてごそごそしてると思ったら、
いつの間にやら冷蔵庫から牛乳パックをGETして、
こっそりコップに注ごうとパックの開け口を開けたくて
悪戦苦闘してたわ。

「あれ~、牛乳ないなぁ~」

わざとらしく、声をかけると、
ぎくっと振りむいたオトトの小脇にはしっかりパックが。
まるで、その姿は禁酒矯正中のアル中おやじが
耐えきれず一升瓶を持ち出したときのような、、、、、。

「え、、、、? 牛乳、みつけてん。 冷蔵庫に落ちてたから。」


4歳の頭で必死に考えた言い訳のようです。

「それ、冷蔵庫に戻しといて!」

と命令するとしぶしぶ直しに行きましたが。


結局ごはんまでにコップに2杯。
(朝にすでに2杯。)






「おかあさん、牛乳ちょうだいよっ!!」

ああ、また、、、、。
一日に何度叫ばれることか、、、、、汗;


この牛乳中毒が、
大きくなったらアルコールに変わらないように
祈るばかりの母ですわ。。。。


 おうどんと玉子の正しい関係
2008年09月19日 (金) | 編集 |
一昨日の夜は、もうイライライライライライラ~。

で、ダンナとケンカしまくりました。


なんでだか知らないけど、ダンナもイライラしてたのか、
私の言葉やら子供の動作にイチイチ反応して、
すぐ怒るし。

私のイライラがうつったんじゃないよ。
むしろ逆。

最初に私のどーでもいい一言をなんか急に
「その言葉、納得いかない」みたいに、
ぐだぐだ言い出したから、
なんかこっちもむっときちゃって。

「なんかしらないけど、ちょーむかつくー」
みたいな状態になりました(爆)

実は前夜思いっきり夜更かししちゃって、寝不足だったのもあるんだけどね。

だから、私が悪かったかも。。。半分くらいは。


ケンカの内容はほんとどーでも、いいことで、
たとえば、
「クレジットカードの有効的な使い方」でお互いの意見が違ったり
「うどんへの卵の投入の仕方」
とかね。

ダンナさん、翌日、人間ドックいくからというので、夜は御飯を
うどんにしたわけです。

で、私が、「卵、そのまま入れる?」ときいたら
「他に入れ方ないやろ!」とすでにケンカ腰。
「私、溶いて入れる方が好き」と言ったら
「そんなのおかしい。卵固まるやろ。普通そんな卵の入れ方せえへんで。」

おうどんのお出汁を火にかけた段階で、
溶いた卵をゆるゆる回し入れて、いわゆるかきたま風にして
おうどんと一緒にお椀に盛って食べるんですけどね。
(わかる?この説明で。わかるかな?
 要はあったかいおうどんのお出汁に玉子がかきたま風に混ざってるの。)

普通しないの?

うちの実家では普通にしてたよ。
てか、これが普通だった。

親戚の家とか行っても、これしてくれたし。

「店ではそんなんで出てきたことない!」

そう言われればそうだな。

でも、店は店で、家で作る場合のスタンダードって
違う場合もあるじゃん。

「そもそも、お前の言ってる卵の入れ方がどんなのかわからん。」

わからんって、、、、
卵を溶いて、入れるだけじゃん!

とかなんとか、ぐだぐだ、、、、、

それで、私が子供たちに、
「おうどん、冷たいのとあったかいのとどっち食べる?」
「おそばもあるけど、おうどんとどっちがいい?」

とリクエストを聞いて、作り分けたのも気に入らなかったらしく
「そんな、甘やかしたらあかん!
みんな一緒の決めて作って、それを出したらいい。
そんなことしてるから、こいつらわがままになるねん!」

みたいに言われて。。。

冷たいのも、あったかいのも、おそばも、
作るのに、どれもたいして手間かわらないから、聞いたんだけどさ。

もちろん、他のメニューのときは、いちいち聞いたりしないで、
決め打ちで作ってるじゃん。

手間が変わらなかったら、みんなのそれぞれ好きなの作ってあげようと
思っただけなのになぁ~。

子どもたちは確かにわがままっぷりが最近、激しくて、
それは母もなんとかせねば!と思ってるけど
でも、メニューの作り分けが、原因かぁ?

もちろん、すべてがこれのせいだとは言ってないんだろうけど
なんか、たまたま、うどん作り分けた位で、
子供のわがままが、私のせいみたいな言われ方をされた、、、、
ような気がしてさ!!!

もーーーーーーーーーーー、

それ以上いても、ぎくしゃくしそうだったから、
さっさと寝たわ。
寝不足だったから、すぐバタンキュー。

(でも、朝4時ごろ目が覚めて、これ書いてたんだけど、
時間切れで下書きのまま終了。
で、今、また、深夜に書き足してたんだけど。)

ええっと、上記の出来事は、9/17の夜の出来事です。
で、9/18にだんなさんは、人間ドックを受け、その場の所見では
特に問題なし!だったとのこと。
この日記を書きだしたのは9/18の早朝でした。
で、今は9/18の深夜ってか、9/19の早朝。

日記かくのも3日がかりだよ。

あ、上記のだんなさんとの会話は、正確ではありません。
大体こんなこと言われた的に、朦朧とした記憶から書いているので、
だんなさんが読んだら、
「おれ、こんなこと言ってへん!」と怒るかな^_^;

 歌姫♪
2008年09月16日 (火) | 編集 |
皆様、おはようございます!

3連休、いかがお過ごしでしたか?

後半二日、アニのサッカーの試合でつぶれてしまったsesame
でございます。

3年生からサッカー始めたアニは、まだまだベンチが多く、、、、、
問題は、本人があまり気にしてないことだ!!!

あああ、
もうちょっとやる気だそうよ!

ベンチで草むしりやらに精出してる場合じゃないよ!!!

と、むきーーーーー怒っとなった連休でございました。。。
こじわが増えるわ、、、、涙

さて、そんなこんなで、
本日のタイトル『歌姫』

前回の日記 C.Q. の 中島みゆき嬢にも 『歌姫』 という名曲がございますが、
(おーーーーーーーい、前回のくらぁーーーい日記で逃げちゃった人ーーーーーーーー
帰ってきてーーーーーーーーー風。)
今回は、みゆき嬢つながりではございません。
前回のお目汚しを解消するために、是非、御紹介したいのは、、、、、、、



れっきとした、実在の若き!歌姫!!
関西の誇る麗しき歌姫!!!は


こちら↓bikkuri01




ジャズボーカリスト : 山口有紀 さんクラッカー



縁あって知人に紹介してもらって、
まだ一度しかライブにお邪魔していないのですが、

ほんっとに可愛い素敵な歌姫でございます!!!キラリラ


素直なのびのびした高音も素敵。♪
数あるレパートリを、くるくるコケティッシュに踊りながら時に軽やかに、時に深く、、、、、カラオケ マイク
そして1曲ごとに歌いながらこぼれる笑みに、
女でも、もうメロメロになっちゃいますよはーと絵文字名を入力してください

でも、そのまだ若い人生で、プロフィールにあるように、
ニューヨークに飛び出してみたり、とにかくすごいパッションを持っているのです。
sesameも、こんな青春送りたかったぁーーーーーーーkao06

10月から、西宮から引っ越されるのはさみしいですが、
泣き顔
名古屋を拠点に、西に東にこれからどんどんパワーアップされる筈!!!
ジャズファンなら、いやならずとも、
今のうちに青田買い、必須ですグー!

是非是非、ライブに足をお運びくださいびっくり



 C.Q.    (超長すぎ記事になっちゃいました。。。(>_<))
2008年09月13日 (土) | 編集 |
返してきましたよ!図書館の本フフフ、うまくいった…。

2冊、「古代文明の謎」と「ヴィクトリア朝の性と結婚」は読みきれなくて残念!!
だったけど、悩んだ挙句延長せず。
とってもおもしろかったので、是非読みたかったんだけど、
なんとなく「またの機会に」と思って。
「なにかいいのないかな」「掘り出し物ないかな」と
新しく探す楽しみを優先したくて。

今回はアガサクリスティの「アクロイド殺人事件」のペーパーバック版と
「ユダヤ人の勉強法」 青木偉作著
を借りてきました。LOVE

3連休だし、なんとか読むぞ!


で、その借りてきた本の話や、晩御飯のおかず「鮭ザンギ」の話など、
書きたいことてんこ盛りなのですが、、、、、。

----------stop!!-----------
一旦停止!赤色の車
ここから、下、めっちゃ長く、
行を追うごとに暗くなります。
sesameの個人的な、暗い過去に興味のない方
そんな辛気臭い話はごめんな方
今のうちにUターンして~上
--------------------------


11時頃かな、TVのチャンネルを適当に回してたら
スマップの番組で小林克也が
「アラフォー世代の思い出の曲?ベスト20」みたいなのやってて。

どんぴしゃ世代なので、どんなのかなーーーってちょっと
見入ってしまってたのね。
岡村孝子とかレベッカとか、流行りの曲やら歌謡曲にうとい私でも
なつかしーなーって曲が流れてて。

10位に中島みゆきの 「時代」 が入ってました。

小学校の5年の時かな、ラジオで中島みゆきの「オールナイト日本」を
友達から教えてもらって、みゆき嬢のあまりにも、面白いはじけたDJぶりに
すっかりはまって、それから歌を聴くようになったんだったと
思う。

それまでは、キャンディーズとかピンクレディーとか、山口百恵とか
万人向けアイドルの曲を口ずさむくらいしかしてなくって
歌手の歌をじっくり聴くってことはなかったから、中島みゆきの歌は
衝撃的だった。

あまり聴かない人には、単に 暗い イメージしかないかもしれない。

でも、その頃の私には、子どもなりに心の琴線に触れる歌が多かったのだ。

小学校高学から中学時代、私は、超がつくほどのいじめられっ子だった。 と、思う。
友達は何人かいたけど、みんな他のクラスで、
普段の学校生活のクラス生活では、特に男子と一部の女子にいじめの的に
されていたので、毎日がすごくつらかった事の方が多かった。

まぁ、いるよね。別に悪いことしてるわけじゃないのに、いじめられてしまうタイプの子って。
なんとなく、陰気な雰囲気だったりどこか小動物的なタイプの子だったり。
たぶんいじめてる側の子は、自分がいじめてるという意識ももってなかったんだろうなーー。
でも、あからさまに 「○沢(私の旧姓)菌」とか呼ばれたり、
わたしの筆箱が机から落ちたのをきたないものでも触るようにして
「○沢菌がうつるぞーーー」とか行って、みんなで投げ合って逃げて見せたり、
笛を隠されたり、教科書に落書きされたりは日常茶飯事。
体育の時間は、好きな人同士でペアになって~とかっていう時は、
いつも最後までひとりだった。

まぁ、卒業のころにはぼつぼつ口を聞いてくれる男の子もいたんだけど、
そのままそんな多くのメンバーと同じ高校に進むのは嫌で、
私学に(しかも試験簡単ですんなり入れるのは確実な)逃げ込んだ臆病者
だったから、まぁ、いじめられる要素はどこかしらあったんでしょうね。

で、そんな私が、学校でいじめられて悲しい思いをして家に帰って
聞いてたことが多かったのは、
中島みゆきの 「時代」と「最悪」「誰も悪くはないのに」「ファイト」「やまねこ」って歌だった。
(他にも好きなのはいっぱいあるんだけど、、、、)


♪女に生まれて喜んでくれたのは
 菓子屋とドレス屋と女衒と女たらし
 嵐あけの如月壁の割れた産室
 生まれ落ちて最初に聞いた声は落胆の溜息だった
 傷つけるための爪だけが
 抜けない棘のように光る
 (そら)からもらった贈り物が
 この爪だけなんて この爪だけなんて♪
   ”やまねこ”より

その日傷ついた心を、その時その時、みゆきのいろんな歌に
のせて慰めてたのかな。

さて、タイトルにあるC.Q.も、中島みゆきの歌です。
自分のことをつらつら書いたけど、
(読み返しも長いわ!でも、まだ先続きそうだから、
 もう、この懐古談に興味無い人はここらで引き返したほうが、、、、^_^;)

この曲、なにかの拍子にふと思い出すことがある。

あ、逆だ。
あることを思い出すと、セットになってるかのように、
この曲が出てくるんだ。心の中で。


それは、私の母のことです。




可哀そうな人だったな。

私の中では、その一言に尽きる。

少なくても、私が生まれてからの母は、
幸せな時間より、不幸な時間の方が長かったに違いない。
そして、不幸なまま死んでしまった。

別に私が母になにかしたわけじゃないんですよ。
非行にはしった訳でもないし、家庭内暴力を起こしてた訳でもない。
むしろ、私は、母が唯一家族の中で心を許していた相手かも。

そう、家族の中で。

たぶん、あの当時、そして彼女が亡くなってからも、
父も姉も私も、母の”心(きもち)”はわかってなかったと思う。

母は病弱で、私が物心ついた時から入退院を繰り返していたので、
一年のうち、家にいないことの方が多かった。
外泊や、退院で家で暮らすようになると、3人で暮らしていた生活のリズムが
とても狂った。
仕事で忙しい父と、多感で遊びたい盛りながら家の切り盛りをしてくれた姉と、
思春期に入りかけの私と。。。
年の離れたその姉が大変しっかりしていて(これが彼女の負担になってしまうことも多いのだが)
3人で暮らしていても私は家の生活にあまり支障を感じることはなかった。
(どれだけ、姉が苦労してたんだろうと、大人になってから感じることは多々。。。)
だから、そこに時々ひょこっと母が帰ってくると、それまで家事を切り盛りしていた姉と
帰ってきた母の間ではっきり目に見えるくらいのジレンマ~(な空気感)生じていた。
おそらく母は、すこしでも父と姉と私に受け入れてもらいたかったんだろう。。。
でも、彼女のやることは私たちには空回りにうつって神経に触ることも多く、、、
結局気づかれから体調をまた崩してそのうち病院に逆戻りというのがお決まりの
毎年のパターンだった。

そんな父と母は、実は大恋愛で結婚したらしい。
生前、一度母からそんな話を聞いたことがあったが、私はまるで本気にはせず
母がすこしでも美しい過去を持ちたい願望から、幼い私に作り話をしたんだと
父が死ぬまで信じ込んでいた。
父が亡くなって、お葬式の時、初めて「ほんとうにそうだったらしいよ。」と姉に聞いたときは
しばらく口をぽかんとあけるほど、驚いた。

いつから、父と母はすれちがうようになったのか。。。。
父は母の生きている間、母よりも仕事に向かっていた。
母はいつも(といっても家にいるときしかしらないが)父を見ていたと思う。
そして、父に自分を見てほしい、話を聞いてほしい、
ただ聞くだけじゃなくて、日々の細かい悩みを共有したり、
家事や育児をお互い助け合ってこなしていったり、、、、。
今では多くの家庭で当たり前なことを望んでいたんだと思う。
父なりには、やっていたのかもしれないが、母の理想とはたぶんかなり違った。

「私の気持ちをわかってくれない!」
母が、よく父に泣いてそのようなことを言っていた。
「夫婦でも、他人なんだから、心の中まではわからん。」
常にそれが父の回答だったように思う。

PTAのことなんだか、ご近所さんとのことなんだか
私のことなんだかわからないが
母が長々と愚痴を重ねると、

父は、
「それが母親の役目やろ。わしに何をせぇっちゅーねん!
わしは仕事してお前たちをたべさせてるんやから
家のことは、母親のお前がやって当然やろ!!!。」
と自分と母の役割にはっきり線引きをしていた。
ケンカがエスカレートしたら、最後には
「ごちゃごちゃ言うな。だれのおかげで飯が食えるとおもってるねん!」

余談だが、私はもし、ダンナがこの言葉を言ったら、その場で即離婚するかもしれない。

今でこそ、夫がこのような言葉を妻にあびせたら、パワハラ発言として
離婚訴訟でも夫に不利な行動となるけれど、
たぶん2~30年前は、日本中でこんな意識のあるお父さんは多かったんじゃないだろうか。
私が子供のころは、まだ団塊の世代多かりしで、
「夫は家族を養うために外でがむしゃらに働き、妻は家庭を守るもの」というのが当たり前で、
共働きの家があるとそこは貧しいとか、かわいそうというイメージが強かった。
だから、父が一概に悪いとは言えない。
父は父なりに仕事でのプレッシャーと日々戦って、母が家にいない時には
それなりにその点でも、いるときはいる時で家庭の空気が微妙なものになり
家や母のことには深く入れないほど
たぶんふらふらだったのだ。

でも、母はたぶん、父に何かをしてほしいと具体的な事を求めていなかったん
だろうと思う。
ただ、「わかるわかる、大変やなぁーーー」と
相槌を打って共感してほしかったのだ。
一番身近な存在であるはずの夫に。
もし、そこで、相槌を打つだけでもなく、少しでも母を思いやって
例えば洗濯を一緒にするとか、料理を作ってあげるとか、
そんなことを月に数回でもしてあげれてたら、母の気持ちもずいぶん楽になったに違いない。
でも、そんな時間は父にはなかった。

あまり記憶はないのだが、たぶん10数年の間で2~3回、母が家にいる時だったが、
父がお好み焼きを家で焼いてくれたことがあった。
あれは、単に父が焼くのが好きだったのか、家庭サービスだったのかわからない。
母も喜んでたかもしれないが、ただ、そんな回数はあまりにも少なかった。

けれど、普段父はあまりにも忙しすぎて、母には目を向けられず、、、、
それがいつからか、父自身のプレッシャーになり、母から目をそむけるようになったのだろう。

かつて、自分からほれ込んだ女性に、そんな仕打ちを心ならずも向けてしまった
父も、やはり、かわいそうだったと思う。

かといって、母も不幸一辺倒だったわけではないだろうと思う。
母の事を常に気遣ってくれる中のよい兄弟もいたし、
(この親戚のおばちゃんたちには、ほんとに母も私も救われた。
 おばちゃんたちがいなければ、母も私も早くにどうにかなっていたかもしれない。。。。
 最近、御無沙汰してごめんなさい。。。。(>_<))

姉と上手くいってる時もたぶんあっただろうし、
病気の軽い、私がまだ幼稚園の頃には、母もしょっちゅうお菓子を作ってくれたり、
毎日お昼を私と姉と楽しく食べたりして、、、、
たぶんあの頃が母の一番幸せな頃だったんじゃないだろうか。。。

でも、すこしずつすこしずつ、家族の歯車がきしみ、ゆがんで、たぶん私が
短大生の頃にはもう、修復は不可能に近い状態だった。

姉は私が高校の頃に結婚して家を出ていて、私が就職してから
結局母が亡くなって(亡くなる半年ほど前には、父ととうとう離婚していた)
それから私たち家族の間では、母のことは封印された。
だれも口にしなくなった。



母の亡くなった時、父とお葬式だけいった。
母方の親戚が挙げてくれた、簡素なお葬式。
一応社会人だったので、私は喪服を着て行った。
喪服は、生前、母が私に買ってくれたものだった。
もうすぐ社会人になるんだから、、、、と
母親として、娘に礼服をちゃんと用意しておきたい、、、
そう思ったのかな。
でも、それが私が唯一、母からもらった形見になった。

その母のお葬式。
終わってから、父が帰り道、
「腹がへったな。食って帰ろう。」
と寄ったところは、吉野家だった。

並みを二つ注文して、二人とも口をきかず、黙々と食べた。
喪服姿の親子連れが、カウンターで牛丼をがっついている姿は、
ちょっと傍目には変わってたかもしれない。

あのとき、父は何を考えてたんだろう。。。。。

今となっては、聞きようもないけど、時々、ふっと思い出す。
夏の暑い日だった。

母が亡くなった少し前、
父は、定年退職をした。
それまでは、仕事仕事で精いっぱいだったのが、
退職後はそれほど忙しくなり、(次の仕事は始めていたが)
急に家庭(といっても私と二人の生活)をむき出した。

洗濯をし、朝夕ごはんをつくり、園芸をはじめた。
仕事に全力投球をしていたときとは大違いで、最初はびっくりした。
毎朝、私のごはんの用意をしてくれる。
どこから仕入れてきたのか、朝はしっかり食べなくてはならない!と
なんだかんだの栄養知識?をふりかざし、
パンにサラダ、目玉焼きに、フルーツまでは良いが、
しゅうまいやらシチューやら、五目豆やら和洋中ごっちゃまぜにいろんな料理が
朝から机の上に目白押しで、(多くは買ってきた惣菜とか、冷凍食品だったG)
食べきらなくては怒られる。。。。
まるで、それこそ母親のようだった。

あと、3年でも父と母がわかれなければ、そして母が生きながらえていたら、
父の変貌につれて父と母も分かり合えたんじゃないか、、、と思う。
そうすれば、彼女も夫と子供と孫(姉の子供が生まれていたので)
と幸せに余生を多少なりとも送れたかもしれない。

母のなくなる数か月前、母から私に電話があった。
母はすでに家を出ていて、どこで暮らしているのか私は知らされてなかった。
そのころ、よく無言電話があったから、たぶん母が私を狙ってかけてきたのだろう。
(父がでると、ぶちって切れていた。わたしはバイトで忙しく、滅多に家の電話を日中
とることがなかった。)

たまたま、日中家にいて、わたしが電話とった。
母は公衆電話からかけてきて、お金がそんなにないのか、早口で
今●●に住んでて、あるマンションの雇われ管理人さんにお世話になっている。
近くに公園もあって、いいところだから一度遊びにおいで。

と明るくうれしそうに私に話しかけてきた。
ただ、わたしは、無言電話を何度もかけてきたり、私にコンタクトを取ろうとしていた
母親がうざくって、
そんなしらんとこ、よういかん。お金ないんやろ。もう切った方がいいんちゃう?
とじゃけんな返事をしただけだった。
それでも、母は私に、
元気でな。風邪引かんように気をつけてな
と何度も言い、電話はその言葉をさえぎるように生返事をしながら
私が切った。



あれが、母と話した最後だった。



C.Q.

C.Q. C.Q.…… C.Q. C.Q.……
C.Q. C.Q.…… C.Q. C.Q.……
C.Q. C.Q.…… C.Q. C.Q.……
C.Q. C.Q.…… C.Q. C.Q.……
だれかいますか だれかいますか だれかいますか どこかには
だれかいますか 生きていますか 聞こえていますか
C.Q. C.Q.…… C.Q. C.Q.……
C.Q. C.Q.…… C.Q. C.Q.……
送ってみる 送ってみる あてのない呼びかけを
耳をすます 耳をすます あてのない空へ
ただ人がいることをただ聞いてみたいだけ
なにも欲しがりはしないただ聞いてみたいだけ だれかの頷く声だれかの頷く声
歩いた道のことや 仕事して来たことや
どうでもいいようなことただ聞いてほしいだけ
咲いてた花のことや 拾ったボールのこと
ただ聞いてほしいだけ ただ聞いてほしいだけ

だれかいますか だれかいますか だれかいますか どこかには
だれかいますか 生きていますか 聞こえていますか
突然波が通る 大きな波が通る 呼びかけても応えない大きな波が通る
名前やTel.ナンバー I.D.ナンバー クラスナンバー
そんなことつまらない 私を表さない
どうでもいいようなことただ聞いてほしいだけ
孵ったヒナのことや 好きな人の話
ただ聞いてほしいだけ ただ聞いてほしいだけ
C.Q. C.Q.…… (だれかいますか)
C.Q. C.Q.…… (だれかいますか)
C.Q. C.Q.…… (だれかいますか)
C.Q. C.Q.…… (C.Q. C.Q.…… )
C.Q. C.Q.…… (だれかいますか)
C.Q. C.Q.…… (だれかいますか)
C.Q. C.Q.…… (だれかいますか)
C.Q. C.Q.…… (C.Q. C.Q.…… )
……

( COPYRIGHT
JASRACコード 出版者
005-1816-6 ヤマハミュージックパブリッシング )




母はいつでも、聞いてほしかったのだ。
ただただ、きっと聞いてほしかったのだ。 父に。
そして、うなづいてほしかったのだ。
きっと、歌詞のように C.Q.C.Q.と、誰かいますか、、、と
孤独を心の中で叫んでいたのじゃないか。。。。

母を思い出すたび、この曲がセットになって
私の頭のなかで再生される。

C.Q.C.Q.、、、、、
母はいつも、そう、遭難信号を出すかのように、求めていたのではないか。



母のお墓の場所は知らない。
父も姉も参ったことはないと思う。
毎年お墓参りをしてくれていた、おばちゃんたちも高齢になってきたので
お墓の場所を聞いておかねばと思う。
今すぐには無理だけれど、
いずれ子供たちを連れて、会いにいってみようかと思う。





あの世では幸せになっていて、
CQCQ、、、、と
遭難信号を出してなければいいんだけれど、、、、、。。。。


切に願わずには、いられない。



























 あせるぅ~
2008年09月12日 (金) | 編集 |
あっというまに金曜日!
週末が近いのはウレシイけど…。

明日図書館に本返さないといけないのに、
半分以上読めてないよ(;_;)。


本大好きたから、行ったらアレモコレもと
借りちゃうんだけど、時間がねぇ~~~(ToT)。


でも明日行ったら、また借りまくっちゃいそう…。
危険だ………(∋_∈)。


(携帯から投稿してますので顔文字ばっかりバージョン)

 モーニングぅ~~~
2008年09月11日 (木) | 編集 |
2時間ほど前に
立ち当番から帰ってまいりました! jumee☆sweat2Rb

2~30分のことなんだけど、緊張するーーーー。

うねったS字カーブのとこで、車の行き来も多いしさ。zoomzoom001

なのに子供らは、群れになって走って降りてくので

「こらーーーーーーー、走ったらダメーーーーーーーーーーーー!!!」

声を枯らして叫びまくり。。。
上から走り下りてくる子供たちに叫んでたら、下からすごい勢いで
車が上がってくるし、
下を注意してたら、上から子供の走る横をトラックが無理やり走ってくるし。。。
車は行きかいができないくらい道が狭いので、
すぐ歩道に乗り上げてくるしねーーーー。

非常に危険な道なのです。
なので、万が一でも事故があったらと思うと、気の休まるひまもない。。。汗;;

もう、疲れるったら。


で、その疲れる立ち番に行く前に、ちょっとでも寝不足を解消しておこうと
家に帰ってからバターンとベッドに横になったところに、

ふとみると、雑誌の「週刊モーニング」が、、、、、、、。

ご存じです?   週刊「モーニング」
毎週、夫婦というよりアニも含めて3人で
愛読しております。

私がまず必ず最初にチェキするのは、
「ひまわりっ」 by 東村アキコ

作者の自伝的?マンガでなんといっても、父親のケンイチ氏が、もーーー
最高に面白い。もちろん、脇の人たちも負けず劣らず、マンガ中、コントあり
ほろっとした人情シーンあり?のそりゃもう最高に面白いマンガなのです。
イチ押しでありますbikkuri01ピース

それから、
「僕の小規模な生活」   こちらは 福満しげゆき先生プロデュース

こちらは、さらにエッセイ色濃い、御自分と「ツマ」とのひじょーーーに
ぢみちなぢみちな、ちょっといじけたjumee☆Feel Depressed4日々をまた、こじんまりと、
しかしご本人の頭はでっかく描かれております(笑)。
はじけた展開はないのですが、御本人のいじけ具合と、それを温かく?けなし
時にはまったく愛の感じられない?仕打ちを向ける「ツマ」の
ほにゃららとした可愛らしさに、ついつい、はまってしまうこと請け合いですぞ。ふるーつ☆Cultivation・笑(小)
正直、読んでると、自分がちょっと上から目線になることができて
ほっとしちゃいます。苦笑い

その他、「島耕作」や「OL進化論」といった有名どころから、
「ディアスポリス」に、「特上カバチ」、「誰も寝てはならぬ」「とりぱん」「宇宙兄弟」「ライスショルダー」
「エレキング」「チェーザレ」、、、、、etcetc。
おもしろ連載がめじろ押しです。

今週は「ひまわりっ」がなくて残念だなーーーーー泣


 ねむぅーーーーー
2008年09月11日 (木) | 編集 |
泣汗とかうーん、、、、、

眠い、、、、、、、、、、jumee☆faceA199b



眠さのあまり、何書いていいか、わからん。。。。汗とか


眠かったら寝なおせって感じなのですが、
私、夜中に1回起きちゃうと、なかなか寝付けないんだなぁ、、、、泣


かといって、ドリエルとか飲んだ日にゃ、、、、メディカル


速効で眠りに落ちてしまう。。。。暗示に弱い性格なのよね。


寝れるんなら飲んだっていいじやん、って言われそうだけど
あれ、飲んだら、「寝れる」っていうより
「無理やり寝かされる」って感じが強くて
起きてもなんかふらふらで、すごく気持ち悪くなるしなぁ、、、、。

この体質、なんとかしたいものです。。。泣  


不思議なもので、6時間以上ぐっすり寝た後だと、
なぜか2度寝ができるんだよね。はてな



あああ、書いてるうちにもう朝だわ、、、、。

仕方ない、会社で寝るか???


あ、今日は、午後半休なのでしたBrilliant

小学校の下校時の、立ち当番。

ご近所の皆様
2:30位から3時過ぎまで、近所の通学路で黄色いたすきをかけて立っているおばちゃんが
いたら、sesameでございます。kao02


(て、だれもみてねーーーーし、このブログなんか、、、、しょぼんjumee☆Feel Depressed4

立ち当番してから、オトトを迎えに行くまで、お昼寝だぁーーーーーーーーーLOVE


 筋肉痛が……
2008年09月10日 (水) | 編集 |
kao02土曜の朝、アニがいきなり
「ボウリング行きたい!」とか言い出して。

インドアな彼が行きたい所を言い出すなんて
(まぁ、ボウリングもインドアなスポーツなんだけど(^_^;))
珍しいので、んじゃ、せっかくだからと近所のラウンドワンに
くりだした訳ですよ。
土曜の朝10時から家族で。

スコア?

ホホホ、3ゲームで210点程だったかしらね。

もちろん、レーンは両方共上げてもらっててよ、
奥様。


(って、誰にだ?)



告白します。絵文字名を入力してください

あれ、レーンあげてなかったら、きっとallでも40行きませんでした!!!(爆)

3○年の人生で、ボーリングなんて行ったの、
指で数えられるくらいの回数さっ <(`^´)> 
だから、そんなものなのさっっ。
(ホントか(@_@))



そんなこんなで筋肉痛。。。。汗あせ



この記事、実は当の土曜日の深夜、書き始めたんです。。。
で、その後ばたばたして更新できず、とうとう火曜の深夜、、、、
てか水曜の早朝に至るわけですが、、、、




まだ痛いってどーゆーこと???!!!


orz

土曜日、もう夕方から半端ない位痛かった。。。
でも、当日だからさ。

当日から痛いってのは、

「あら、あたしの体もまだ若いんじゃ、、、
もとい捨てたもんじゃないんじゃなーい???」kao02

とか痛みに耐えつつ、ほくそえんでた訳ですよ。


で、日曜。。。
「大人になったら、痛みが続くの当然よね。」kao06
とか痛みのキープにもまだ余裕。。。


月曜
「うーん、やっぱりそう簡単には痛みは引かないかーーー。
ま、日ごろの運動不足がたたって仕方ないな。」苦笑い


火曜
「ちょっ、、、、、やばくない??この下半身のぎしぎし感の
残り具合!!」kao05



で、暦の上では、週の半ばの水曜日の今日。

体を動かすと、そこはかとなく随所に痛みが、、、、、、、。
否、ふくらはぎはいまだはっきりケインならぬ
ペインな感じが。。。。
jumee☆faceA76

すみません、ケインとペイン、、、、わかってもらえたでしょうか、、、、すみません、、、、。
(謝るくらいなら書くなって?)
汗とか




これ、いいんでしょうか。。。。


やっぱりヤバイんでしょうか。。。。。。大泣き



追記 : 若い方がこの記事を読んでくださってたら是非!!
      「やばい」という言葉は上のような状況での用法が正しいのです。
      『なにこれ?まじヤバ!これやばくなーい?美味しくなーい?』
       by 柳原ちゃん風
      は間違っとるbikkuri01
      むしろマイ bikkuri01怒り
      
      

 今日もどたばた、、、
2008年09月05日 (金) | 編集 |
金曜日、午後3時半頃、、、、、、


さして忙しくもなかった私の携帯にアニの友達のお母さんからの
突然の電話。。。。。。

何事かと思って受けると、
「あのーアニちゃんが、おうちのカギがないそうで、お母さんに電話してほしいって。。。」


ええええええええ???


ランドセルについてる筈!!
新学期にゴムを新しくして、フックにかけたよ。
なぜ無い!!!

「あーーーーー、お母さん? 昨日、エプロン洗濯するのにもってかえってきたやろ、
そんときエプロンの袋にゴムからまってて、外したままつけ忘れたみたい。
お母さん帰ってくるまで、何してたらいい?」

出たよ。
主体性まるでなしのアニの「何したらいい?」攻撃が。。。。

「お母さん帰るまでって、、、、あんた、今日バイオリンやろ?
お母さん帰るより先、行かなあかんやろ!!

よそのお母さんの携帯を借りてることもわすれて、説教しはじめそうに、、、、、。

「H君のお母さんに代わって!!」
ふうう、危ない危ない。。。

ひとしきりおわびとお礼を伝えてから、5分後にかけなおすからということで一旦切って
今日は仕事休んでるダンナにTEL、、、、、、


が、通じない。。。。。


だめだ、、、、、、こりゃ、私が帰るしかないな。。。。


暇といっても、ちょろっと片づけることはあったので、それとオトトのお迎えの時間も
考慮にいれて、「4時半くらいに迎えにいきますっ」とH君のお母さんに再TEL。
ありがたく、それまでH君のおうちで待たせていただけることに。。。。

(ちなみにこのH君のお母さん、私より相当若いと思われるが、
たいへんエライのだ!3人の子供のお母さんなんだけど、真ん中のお姉ちゃんに
障害があり、介護の毎日。でも、その大変さをみじんもみせずに、
アニの友達のHクンにも、一番下の3歳くらいの弟君にも、平等に愛情と時間と手間を
かけてちゃんと向き合ってる。そして常に、回りの人に感謝を忘れず、、、、、。
大変大変見習わなければ、、、と会うたびに頭の下がる思いしているsesameです。)


、、、、、で、上司にお願いして帰らせてもらうことにして
(でも、午後半休の扱いになってしまう。。。。ちくしょー」
仕事をかたして、
、、、、、、、「おっと、いけない、今日は台所当番だった」と
会社の台所をちょっと早めに手じまいし(簡単な作業なんだけど、急いでいる身にはつらい)
オトトを迎えに行き、結局雨で道が混んでいたこともあり、10分遅れで家に到着。

駐車場に車を置いて、家に向かって横断歩道を渡ろうとすると
向こうから来るのはH君のお母さんと弟君。。。

幼稚園から帰ってくる弟君のお迎えがてら
うちの子をつれて私の到着を待ちに来てくれてたそうで。

「あ、アニちゃんねー、今マンションの中に入ってエントランスで他のお友達と
一緒ですー。うち、来てもらったのに、お菓子も何もなくってお茶しか出せなくて、、、
お母さんも帰ってきてもらって、お役に立てなくてごめんなさいーーー」

心のなかで号泣です。


とんでもない!雨宿りさせていただいた上、あとから聞けば、宿題も
させてくれてたそうで、、、、、

Hクンのお母さん、ありがとう!!!
私のできることがあったら、(滅多にひとさまのお役に立てることはないのですが)
なんでもさせてもらうからね!!!!

横断歩道に入りかけていた為、口では、「ほんとにごめんねーありがとー」としか言えず。。。
急いでとにかくアニのもとへ。

エントランスの中に入ると、すっかりくつろいで、他の友達のカードで遊んでて
「あ、お母さん、これから○○君と▽▽君と遊ぶねん!」

遊ぶねん、、、、て、、、、、、
「あんた、もうバイオリン行かな、間に合わへんやろ!!!」

「えーーーーー、もう無理ーーーーー。
雨降ってるし!!!!」


ぴきーーーーーーーーーーーーん!!!!
(私の心の弦が切れた音)



「雨でも、台風でも行ってこい!!!







つかれるーーーーーーーーーー。
ぎりぎりまで、ぐずぐずと友達と遊び続けたアニをなんとか送り出し、
オトトに「トトロ」を見せて、

sesame は、ふて寝しちゃいましたよ。!!

せっかく早く帰ったんだから、それくらいさせてもらわないと!!!


オチなし日記ですみませんーーーー。
実は金曜早朝に置きすぎて、寝不足でふらふらだったので、
アニが出て行ったとたん、爆睡モードでした。


それにしても、H君のお母さん、ほんとにありがとーーー
この恩返しは必ずするからねっ!!!


 今日も……V(^-^)V
2008年09月04日 (木) | 編集 |
やった!
今日も5時半起床V(^-^)V。
がんばれ、自分

しかも………

今日から小学校、給食再開なのですよ♪。

ビバ!給食!ヾ(^-^)ノ

もちろん、
我が家は給食費、滞納しておりませんとも
(`ヘ´)エッヘン

アニよ……
元は十二分にとってくるように!!!

それにしても、最近の給食の豪華な事、、、
エスニックメニュー…とかあるからね。

毎月献立表をみては、
ため息をもらしてしまう
sesameです。。。。

 あめっ?!
2008年09月03日 (水) | 編集 |
洗濯物干してたら、いきなりザザ降り~~~(>_<)

楽しみな社会見学が、いきなりアンニュイになりそう………。

先生、がんばれっ(・o・)ノ

 兵庫県警!!
2008年09月03日 (水) | 編集 |
アニが社会見学で、
兵庫県警にいくそうだ、今日!!!

かっちょい~~~(^O^)

「偉い刑事さん、一杯みてくるわ!」
と昨日から興奮気味のアニ。

刑事さんといや、シタッパじゃないの?
職人肌で、毎日張り込みとかカツ丼とか、手帳命な感じ(笑)で。
そんなロートルな長さんタイプが好き。
あ、偉い刑事というと、山さんタイプか???

兵庫県警にいるかな???

やばっ、起きて
お弁当、作ってやらないと!V(^-^)V

 オススメ! その2
2008年09月01日 (月) | 編集 |
真夜中にup!!

てかもう朝?
後1時間後には、本気で起きないと!!!

というので、手短に、オススメブログ第2弾


さるきちココロのピラティス


摂食障害と戦うさるきちさんが、御自身の日日の障害(過食症とうつ病)の様子を
赤裸々につづった日や、書物を通じて障害に対する考察、かわいいおさるさんイラスト
でご自身の心境をあらわしてみたり、、、、

でも、決して暗くなるような、またげんなりするような堅苦しい書き方ではありません。
時には前向きに、時には後ろ向きな自分の日々をとってもユーモラスに、
自然体な言葉で読みやすく、でも実はとてもとても慎重に言葉を選んで
綴られています。。。。

過食症、メンタルヘルスに興味のあるかた、お悩みの方(特に女性)は
是非!!!
紹介されている、メンヘル関係の本も大変参考になります。

主婦であり、お仕事もされているさるきちさんは、
きっと外では、ごくふつーの明るいがんばりやさんなのでしょう。
でも、その毎日をふつー過ごすのがどんなに大変なことか、、、、。
ふつーの毎日を続けるために、
さるきちさんは、悲惨な過去の経験と現在患っている病気に
すこしずつ進んだりちょっと休んだり、ときには歩をもどしてみたりしながら、
闘っているのです。

それからそのさるきちさんを支えるダンナさん、
大変素敵な方です。
さるきちさん曰く 「ブッダ」
さるきちさんの病気を一緒に前向きに受け止めて、寄り添ってくれる、、、、、。
正直、sesameも「こんなダンナさんがいいなぁ~」と何度
思ったことか。。。

sesameも、若かりし頃、仕事のストレスや色々あって、
かなり過食症(甘味限定)に陥りました。
ただ、sesameは
「ストレスがあるんだから、仕方がない。
食べてないとやっていかれないわ!」と過食症のおかげで、
救われていたところもあり、さるきちさんのような
深刻な症状にはならなくて済んだのですが、
それでも随所、読んでいて「うんうん」とうなづくことしきりな
記事がいっぱい。。。
sesameも、意外とハードな過去をもつ女なので、
いつ過去にひきづられてしまうやも、、、、、。

手みじかにといいつつ、またもや長々と・・・・・


ああ、いかん、もう朝だ~



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。